トヨタ SAIを買う!
SAIトップモデルチェンジ推移>2011年10月11日

SAI 値引き
SAI カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
SAI値引き交渉術
SAI値引き交渉レポート
SAIのライバル車
SAI中古車相場
新車値引き交渉術
SAIの維持費を安くする
SAIの燃費
SAIのアフターパーツ
下取り車の相場を調べる
SAIの保険料相場
リンク集

 

 

トヨタ SAI モデルチェンジ推移2011年10月11日

 

トヨタニュースリリースより

 

-----

 

 

TOYOTA、SAIを一部改良
植物資源が原料のエコプラスチック*1を室内表面積の約80%に採用拡大

 

 

TOYOTAは、ハイブリッド専用車SAIを一部改良し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、11月1日より発売する。


今回の一部改良では、バイオPET*2を使い、耐熱性、耐久性などの性能を飛躍的に向上させた新エコプラスチックを、新たにシート表皮・フロアカーペット・パッケージトレイトリムに採用し、室内表面積におけるエコプラスチックの使用比率を約80%に拡大(従来型比+約20%) したほか、エンジンの制御を改良することで、燃費を24.0km/L*3(従来型比+1.0km/L*3) に向上するなど、環境への配慮を徹底している。


また、フロントロアグリル・ドアパネルにメッキモールを、センタークラスターに木目調加飾を追加することで高級感を演出したほか、フロントドアガラスには紫外線を約99%*4カットするスーパーUVカットガラスを採用し、快適性を向上している(除くS“Lセレクション”)。


さらに、外板色にグレーメタリックを追加するとともに、内装色は新色2色(ブラック、シェル)に一新したほか、静かなハイブリッド車の接近を歩行者などに知らせる車両接近通報装置を全車に標準装備した。
これに加え、サスペンション(フロント・リヤ)において、サスペンションメンバーに補強バーを追加することで操縦性・走行安定性を高めたほか、ショックアブソーバーなどのセッティングを変更し上質な乗り心地を実現している。


なお、スポーティな外観とした新仕様“ツーリングセレクション”、安全装備を充実した新仕様“Aパッケージ”、スポーティな外観としたうえで安全装備を充実させた新仕様“ツーリングセレクション・Aパッケージ”などを追加し、一段と魅力的なラインアップとしている。


*1 トヨタ自動車(株)が自動車用に開発した、一般的なバイオプラスチックに比べ耐熱性、耐衝撃性などを向上させた植物由来(植物を原料とする)成分を含むプラスチックの総称
*2 PET(ポリエチレンテレフタレート)の原料の一部であるモノエチレングリコールをさとうきび由来のバイオ原料に替えて製造したもの
*3 10・15モード走行、国土交通省審査値
*4 社内測定値

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

 

・価格(消費税込み)

3,380,000-4,370,000円

 

 

 

トップページへ

 
■ 広告

 

         

 

 


 

copyright©2006-2018 トヨタ SAIを買う! All Rights Reserved