SAIの走りはどんな感じ?


※SAI 出典toyota.jp

 

2012年の国内新車販売ランキングで堂々の1位と2位に輝いたのがトヨタのプリウスとアクアでした。

 

どちらの自動車も知名度が高いものの、トヨタからはSAIも登場しております。

 

どちらかというとマイナーな車種で売れ行きもそこまで伸びませんでしたが、満足のいく走りや走行性能を持っているのは事実です。

 

そこで、以下ではSAIがどのような走行性能を持ち合わせているのかご説明しているので、一度目を通しておきましょう。

 

・電気式無段変速機とエレクトロシフトマチックの搭載で、変速ショックを感じることなく軽い操作感でスムーズに走れる
・リヤスポイラー(ラゲージ)の導入で、空力性能の向上も図っている
・マイナーチェンジによってボディ剛性をアップさせて操縦の安定性を高めている
・パワーを誇る2.4Lアトキンソンサイクルエンジンでストレスなく機敏に街中でも高速道路でも走れる
・モーターの小型化や軽量化を図って燃費の低減に力を入れている

 

上記の走行性能に加えて、SAIではシチュエーションに合わせて3種類から走行モードを選択できます。

 

力強い発進に適した「スポーツモード」、エコに配慮した運転ができる「エコドライブモード」、静かに走りたい時に適した「EVドライブモード」から選べるので非常に便利です。

 

 

トヨタのSAIの走り具合について

 

トヨタから登場したハイブリッドカーのSAIが走り具合に関して、どのような評判を得ているのか以下ではまとめてみました。

 

・最小回転半径5.2mと小回りの良さが気に入っている
・あまり人気はないが加速や安定性など不満な点は特になかった
・燃費を気にせずに走行しても1リットル当たり16kmなら十分
・スポーツモードは加速が別物になる
・キビキビとした反応は特に無いが市街地でも高速道路でも対応してくれる
・曲がる止まるがしっかりとしているので許容範囲
・ギアのショックがなく加速に関しては満足のいくものがある
・基本的に走りをそこまで求めていないのでSAIくらいの性能でも十分だと思った
・同クラスのクラウンハイブリッドと同じくらいのパワーを秘めていればと感じた

 

メジャーな車種ではないものの、上記のように走り具合や走行性能に関してはそこそこ高い評価を得ておりました。

 

加速やコーナリングで不満を抱えている人は少なく、トヨタのSAIは満足のいく走りを見せてくれるようです。

 

車両価格に見合った納得できる印象を与えてくれるはずなので、購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

SAIを安く買うなら、当サイトのSAI値引き交渉マニュアルをご参考ください!

 

 

SAIのエンジンスペック

 


※SAI 出典toyota.jp

 

トヨタ発表のSAIのエンジンスペックです。

 

排気量 2362cc ハイブリッド
最高出力 110KW[150PS]/6,000rpm
最大トルク 187N・m[19.1kgf・m]/4,400rpm
燃費 22.4km/L
モーター
最高出力 105KW[143PS]
最大トルク 270N・m[27.5kgf・m]

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2018 トヨタ SAIを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com